NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 196 : 新入社員、活躍準備中!

2015年4月入社

少し紹介し遅れましたが、2015年4月に入社した新入社員の現在をご紹介します。今年度は、事務技術職の大卒男子2名、技能職所属となる高卒男子3名の計5名が旭洋造船の一員となってくれました。

新入社員 2015

大卒2名(写真:上)は、入社後2か月の各部課研修を経て、6月1日付けで正式配属となりました。1名は長崎県出身、下関市の大学に在学し機械工学を勉強していましたが、もともと物造りに興味があり、授業を通じて船舶について興味を持ち造船業に就きたいと当社を志願してくれ入社に至りました。現場で実際に船舶製造にかかわりたいとの希望通り、工作部 艤装課 船装係として配属されました。

もう1名は宮崎県出身、地元大学で物質環境化学を学んでいましたが、そのかたわら将来のためにと各種資格勉強に励み、危険物取扱者乙種3・4・5・6類をはじめ第二種電気工事士、二級ボイラー技士、等々6~8種の資格を在学中に取得した努力家です。福岡での会社合同説明会で当社ブースに立ち寄ってくれたのがきっかけで入社に至りました。彼は設計部 機電設計課 機関設計係として配属されました。

工作、設計の両部とも優秀な新人を迎え、今後の活躍に大いに期待しているところであります。


さて高卒は今年3名が入社してくれました。現在、毎年恒例の大分地域造船技術センターでの3ケ月研修の3か月目に入っています。資格取得も順調で、今月6月末には8種の資格を取得し下関に戻って来る予定です。6月初旬に当社越智社長と原田工作部長が当地を訪れ、これも恒例の中間激励会を催しました(写真:上)。入社の際の学生らしさが消え、技術者としての自信を持ってすっかり逞しくなった彼らに、驚きと喜びのひとときであったとのことでした。

社長とお食事

彼らひとりひとりが将来逞しい柱となってチーム旭洋を支える、その日が楽しみです。

[2015/06/07]

< Previous Post Post 127 / 331 Next Post >
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2024, Kyokuyo Shipyard Corporation