NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 202 : 第2回「旭洋造船社員家族工場見学会」

ゆい★あや誕生!?

第2回目となる「旭洋造船社員家族工場見学会」が、平成27年12月6日の日曜日に開催されました。前回に引き続いて今回も多数の応募があり、12家族43名の旭洋ファミリーが参加されることになりました。参加者名簿を見ると社員の皆さんの家族のみならず親族の方々のご参加もあり、旭洋造船従業員の一族をも巻き込むビッグイベントに育ちつつあることがうかがえます。

NEWS 201 : S520番船 KINGCRAFT 命名引渡式

11,000m3型 ガス運搬船

10月29日秋晴れのもと、シンガポールのKINGCRAFT SHIPPING PTE. LTD.様よりご発注いただきました11,000m3 LPG船 S520番船の命名引渡式が行われました。

NEWS 200 : 第55回旭洋オープンゴルフ大会

難コースに四苦八苦

2015年10月9日(金)、快晴無風というベストコンディションのもと、創立記念の恒例旭洋オープンゴルフ大会が行なわれました。

NEWS 198 : S519番船引渡し

風とともに(無事)去りぬ

シンガポールのKISBER SHIPPING PTE. LTD. 殿よりご発注をいただいた11,000m3 LPG船 S519番船「Kisber」の引渡しが行われました。

NEWS 197 : 内業工場が生まれ変わりました

レイアウト変更、設備も一新

本年初頭の社長コメントにもあったように、今年は実際の建造を担当する工作部門への物的人的に亘る強化を推進しておりますが、まずはその第一弾、工作部船殻課内業部門の母屋である内業工場のレイアウト変更工事が完了し、5月に油圧700Tプレス、6月にはフレームベンダーが、これまでの老朽施設にとって変わって新設されました。

NEWS 196 : 新入社員、活躍準備中!

2015年4月入社

少し紹介し遅れましたが、2015年4月に入社した新入社員の現在をご紹介します。今年度は、事務技術職の大卒男子2名、技能職所属となる高卒男子3名の計5名が旭洋造船の一員となってくれました。

NEWS 195 : S518番船 SUNNY CAMELLIA 命名引渡式

1,103TEU コンテナ船

2014年度の掉尾を飾るイベントは、台湾の TVL MARINE(HK) CO.,LIMITED 殿よりご発注の1,103TEUコンテナ船2隻シリーズの2隻目、S518番船の命名引渡式でした。前に船主殿より社員家族工場見学会での模擬引渡式でご協力いただきましたが、いよいよ本番の日となりました。

NEWS 194 : MIRI & HARUKI 命名引渡式!?

社員家族工場見学会、開催

平成27年3月15日の日曜日、社員とそのご家族、ご親戚を対象に工場見学会を開催しました。これは、身内が働いているとはいえ、普段見ることのできない造船所の構内や船内の見学を通して、「家族が働く旭洋造船を知ってもらおう!」をスローガンに、ご家族の理解と絆を深めてもらおうという企画イベントです。

NEWS 193 : 弊社社長越智、テレビに出演!

平成27年2月10日、当社社長の越智勝彦が、地元ケーブルテレビ局、J:COM下関制作のシリーズ番組「いきいき市民講座」のゲストとして出演しました。

NEWS 192 : S517番船 SUNNY CALLA 命名引渡式

1,103TEU型コンテナ船

2015年初のイベントは1月15日、台湾の TVL SHIPPING CO., LIMITED 殿より初のご発注をいただいた 1,103TEUコンテナ船2隻シリーズの1隻目、S517番船の命名引渡式となりました。

NEWS 191 : 2015年・新年のごあいさつ

年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げますと共に、本年の抱負を述べさせていただきます。

Page 1 / 1
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
施設・設備
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation