NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 040 : S455進水式 & S456起工式

12,000tdw 多目的貨物船シリーズ第二弾

2004年、旭洋造船での掉尾を飾ったイベントは、アイルランド Arklow Shipping 殿向け貨物船3隻に続く欧州船社よりの直接受注の第二弾として、スイス船主 Enzian Shipping 殿ご発注の12,000dwt 多目的貨物船4隻シリーズの第1船と第2船である S455 の進水式と S456 の起工式でした。

NEWS 039 : S460命名引渡式

貨物船 ARKLOW WILLOW

2004年11月16日、アイルランド Arklow Shipping 社殿より受注いただいておりました貨物3番船、S460の命名引渡式が行われました。

NEWS 038 : 第44回旭洋オープンゴルフ大会

台風上陸が10個という記録的な年となった2004年、旭洋造船もかなりの被害を蒙りました。そんな嫌な思いを吹っ飛ばせとばかりに、台風一過、抜けるような青空となった10月12日、創立記念の恒例旭洋オープンゴルフ大会が行なわれました。

NEWS 036 : SITC YOKOHAMA 命名引渡式

831TEU積コンテナ船

2004年8月26日、山東海豊国際航送集団有限公司(SITC)グループ殿よりご発注の831TEU型コンテナ船、シリーズ7番船となるS453の命名引渡式が同船上で行われました。

NEWS 034 : 営業に新戦力が加入!

吉田裕が入社

今年3月、旭洋造船に入社した営業課長 吉田裕(ひろし)をご紹介します。

NEWS 033 : 春が来た!

4月となり、日本中が一斉に春の装いへと変わりました。卒業そして新入学、新入社。旭洋造船も新しい期を迎え、若いフレッシュな力が入って来ました。

NEWS 032 : S452進水式+S453起工式

831TEU型コンテナ船二隻

中国山東省山東海豊国国際航運集団(SITC グループ)殿より、2004 年の引渡し契約でご発注いただきました3隻シリーズの2番船、831TEU型コンテナ船 S452 が、この3月9日無事進水式を迎えることができました。

NEWS 031 : S448 調印引渡式!

貨物船 ANKLOW WIND

旭洋造船にとって2004年初の大イベントとなったのが、アイルランド Arklow Shipping 殿より受注いただいた貨物2番船 "ARKLOW WIND" の調印引渡式です。

NEWS 030 : S451進水式+S452起工式

中国 SITC 向け 831TEU積コンテナ船

2003年12月27日、冬とは実感できないほど暖かく快晴微風であったこの日、中国山東省 山東海豊国国際航運集団(SITCグループ)殿よりご発注いただいておりました831TEU型コンテナ船、S451番船の進水式とS452番船の起工式が行われました。

NEWS 029 : S448 進水式

貨物船 ANKLOW WIND

前回、公試運転をご紹介しましたアイルランド ARKLOW SHIPPING 社殿第1号船「ARKLOW WAVE」、その同型2号船である多目的貨物船「S448」の命名進水式が10月20日、旭洋造船新造ドック前にて執り行われました。

NEWS 028 : S447 海上公試運転

13,650tdw 貨物船 ANKLOW WAVE

アイルランド ARKLOW SHIPPING社殿から発注を受け製造中であった13,650DWT多目的貨物船の第1船である「ARKLOW WAVE」の海上公試運転が10月16日~17日の2日間行われました。

NEWS 027 : 新年のご挨拶を申し上げます。

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましても今年1年が良き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
2004年を迎えひとことご挨拶させていただきます。

Page 1 / 1
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
施設・設備
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation