NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 166 : 2013年度新入社員紹介

今年は6人

今回は、2013年4月に入社した新人をご紹介します。今年は、事務技術職の大学院卒男子2名、技能職所属となる高卒男子4名の計6名が旭洋造船の一員となってくれました。

チーム旭洋・2013年新メンバー
入社式にて

大学院卒の2名はとてもユニークな人材です。

一人はNEWS126でご紹介した新造船営業部・田中輝気の院の後輩となるH君、某大手家電ショップでアルバイトながらトップクラスの販売員であったという彼は、役員面接で、タブレットのセールスシミュレーションを演ってのけ、客役の社長に思わず「買った!」と言わせしめた逸材(何の?)です(笑)

もう一人のL君は、新卒では当社初となる中国人留学生の入社、日本語能力検定1級の資格を持つ彼の履歴書の字は、今までに見た中で一番の達筆でありました。彼の出身大学(九州大学)からも当社第一号となります。

彼らの強みは学部や大学院で海洋工学を学んでいることです。将来的に当社の技術力をがっちり支えてくれる人材となってくれることを大いに期待しています。

大分の地域造船技術センターにて

高卒の4名(IK君、IC君、U君、K君)は現在、今年で第8回を迎える大分地域造船技術センターでの3ケ月研修に励んでいます。入所式では研修生を代表してK君が決意表明をし、大分のマスコミから取材を受けて恥ずかしそうにしておりました。今、同センターで研修中の4名は、6月末には7つもの資格を取得(資格取得も順調との連絡をセンターから受けており安心しています)し、技術者としての自信をもって、逞しくなって下関に戻って来てくれることでしょう。その日が今から楽しみです。

[2013/05/15]

< Previous Post Post 129 / 303 Next Post >
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
施設・設備
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation