NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 314 : 四隻目は秋の訪れとともに

1,096TEUコンテナ第4船 "A ONTAKE" 命名引渡式

秋分も過ぎて日に日に秋の訪れを感じるようになった9月25日、1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船第四船目となる S570番船の命名引渡式が行われました。このたびの式典も船主でいらっしゃる NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE.LTD. 並びに伊藤忠商事株式会社からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 312 : 梅雨の終わりの晴れの日に

1,096TEUコンテナ第3船 KAIFU 命名引渡式

梅雨の終盤ながら好天に恵まれた7月18日、1,096TEU "JAPANMAX" 型コンテナ運搬船のシリーズ船第三船目となるS569番船の命名引渡式が行われました。このたびの式典も船主でいらっしゃる NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE.LTD. 様および伊藤忠商事株式会社様からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 307 : 見送りは国際コーラス隊

1,096TEU コンテナ船 A WASHIBA 命名引渡式

前回にも勝る晴天で迎えた5月10日、1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船第二船目 (S568) の命名引渡式が行われました。式典は船主である NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE. LTD. および伊藤忠商事株式会社からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 306 : 姉妹そろって大仕事!

第4回・旭洋造船家族工場見学会

快晴微風の絶好のイベント日和となった4月23日の日曜日。長引くコロナ禍による中断もあり、実に6年半ぶりに、第4回目となった「旭洋造船家族工場見学会」が開催されました。今回は社員親子だけではなく、おじいちゃんおばあちゃん、兄弟姉妹、更には未来の家族(?)を加えた15家族55名の旭洋ファミリーに参加してもらいました。

NEWS 304 : 怒濤のコンテナ船連続建造、開始!!

1,096TEUコンテナ運搬船 A GORYU 命名引渡式

2月27日、春の来訪を思わせる雲ひとつない晴天のもと、S567番船の命名引渡式が開催されました。この567番船は、NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE. LTD.様よりご発注いただいた 1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船の第一船目となり、当社にとってはこれより怒涛の連続建造に入る記念すべき第一船です。

NEWS 301 : 久しぶり! ヨーロッパからのお客様

1,096TEUコンテナ運搬船 FEEDER ACE 命名引渡式

10月13日秋晴れの穏やかな昼下がり、S565番船の命名引渡式が開催されました。このS565番船は、ギリシャの国際的・総合的海運グループの ERASMUS SHIPINVEST GROUP (ESI) からご発注いただいた、1,096TEU型 "JAPANMAX" コンテナ運搬船です。

NEWS 296 : お待たせしました!「のがみ」です

最新の球状船首・内航コンテナ船

皆さまお待たせしました。今回のニュースは 2022年4月21日に竣工となりました井本商運様向け670TEU型コンテナ運搬船S-562番船「のがみ」のご紹介です。

NEWS 281 : その次の挑戦に向けて

新型球状船首船の建造を開始

現在、旭洋造船のドックでは 井本商運様向けS-562番船を建造中です。

NEWS 272 : 三カ国を結ぶリモート式典

コンテナ船 SUNNY IVY 命名・引渡し式

3月16日、今年はじめての式典、S558番船〜SUNNY IVYの命名引渡式が開催されました。本船は1,096個積みの最新鋭コンテナ船です。

NEWS 257 : 青に溶け込む青

1,096TEUコンテナ運搬船 TS YOKOHAMA 命名引渡式

11月13日、晴れ渡る晩秋の空に溶け込むような青い船体、S546番船の命名引渡式が開催されました。

NEWS 255 : 小学生も大興奮!!

1,096TEUコンテナ船 TS SHANGHAI 命名・引渡式

前日までの風雨で心配された天候も、8月23日当日には雲の切れ目から青空が垣間見えるほど回復し、S545番船の命名引渡式が晴れやかに行われました。

NEWS 252 :「令和」第一号船、出航!

1,096TEU コンテナ船 TVL FUJIAN 命名引渡式

元号を令和と改めて初めての引き渡しとなるS556番船の命名引渡式が、5月28日、1号岸壁の特設会場にて行われました。

NEWS 242 : S547番船「ながら」命名引渡式

5隻目の球状船首〜670TEU型コンテナ船

当社の誇る球状船首シリーズ5番船となるS-547「ながら」の登場です。井本商運株式会社様よりご発注いただいた670TEU型コンテナ運搬船「ながら」(全長136メートル、総トン数約7,300トン)の命名引渡式がとり行われました。国土交通省からは海事局次長・大坪新一郎様、港湾経済課港湾物流戦略室長・上原修二様をはじめとする各界からの錚々たるご来賓にご臨席をいただき、盛大な式典となりました。

NEWS 235 : 球状船首そろい踏み

エントランスホールのモデルシップコレクション

これまで当社にお越しになった方はご存知と思いますが、本社ビル1Fエントランスホールにはこれまで当社が手掛けた球状船首を持つ1/150縮小のモデルシップが展示されています。

NEWS 217 : 世界の人々が関心を寄せた旭洋造船

NIKKEI ASIAN REVIEW「読まれた記事ランキング」にランクイン!

NIKKEI ASIAN REVIEW」。成長著しいアジア経済圏の実像を日本経済新聞社の豊富なネットワークを駆使して世界に発信する2013年に創刊した新しい英語媒体です。その「Nikkei Asian Review」が取り上げた記事に対して読者がアクセスした数の2016年度上半期上位ランキングが、10月17日付の日本経済新聞朝刊で発表されました。

NEWS 213 :「海と日本プロジェクト in 晴海」に「なとり」登場

一般公開で来場者に大人気

今回は、東京・晴海で行われたイベントに「なとり」が参加し、人気を集めたというニュースをお届けします。

NEWS 212 : シップ・オブ・ザ・イヤー「小型貨物船部門賞」受賞!!

球状船首コンテナ船「なとり」

「なとり」の物流環境負荷軽減技術開発賞受賞をお伝えした前回のNEWS211でもふれましたが、「なとり」がシップ・オブ・ザ・イヤー2015「小型貨物船部門賞」を受賞し、7月7日に都内で表彰式が行われました。シップ・オブ・ザ・イヤーは日本船舶海洋工学会が毎年日本で建造された話題の船舶の中から、技術的・芸術的・社会的に優れた船を選考して授賞するもので、今回で26回目となる権威ある賞です。

NEWS 211 : 「なとり」で物流環境負荷軽減技術開発賞を受賞!!

球状船首コンテナ船

日本物流団体連合会(JALoT)が選考する「第17回物流環境大賞」において井本商運株式会社様が当社建造の「なとり」で「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞し、6月27日に都内で表彰式がとり行われました。勿論ご承知の通り「なとり」は、井本商運様よりご発注いただき昨年12月11日にお引き渡しした、当社独自のSSSバウ(球状船首)を採用した国内最大級(540TEU型)の内航コンテナ運搬船です。

NEWS 204 : S522番船「なとり」命名引渡式

540TEU球状船首(SSSバウ)コンテナ船

2015年命名引渡の大トリを飾るのは、内航フィーダー輸送の先駆者・井本商運株式会社様(神戸市、井本隆之社長)より2013年12月にご発注いただいた540TEU型コンテナ運搬船S522番船"なとり"(全長136メートル、総トン数7,390トン)です。

NEWS 202 : 第2回「旭洋造船社員家族工場見学会」

ゆい★あや誕生!?

第2回目となる「旭洋造船社員家族工場見学会」が、平成27年12月6日の日曜日に開催されました。前回に引き続いて今回も多数の応募があり、12家族43名の旭洋ファミリーが参加されることになりました。参加者名簿を見ると社員の皆さんの家族のみならず親族の方々のご参加もあり、旭洋造船従業員の一族をも巻き込むビッグイベントに育ちつつあることがうかがえます。

Page 1 / 2 次のページ >
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2024, Kyokuyo Shipyard Corporation