NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 209 : シップ旭洋に新入社員が乗船

(オールも漕ぎます)

今春も旭洋造船に新しい仲間が加わりました。大学院卒2名、大学卒3名、高校卒2名の合計7名です。今回のニュースでは、まず院卒・大卒の5名を中心にご紹介します。

新たにシップ旭洋に乗船した面々

大学院・大学卒の5名は入社後約1ヶ月間にわたる各部課による社内研修を経て、5月9日付で設計部へ3名、工作部へ2名配属となりました。この5名、それぞれタイプが違っていて個性があり、とても仲の良い5人組です。何事にも動じずいつもニコニコ笑顔を絶やさないH、機関銃トークで喋り出したら止まらない盛り上げ役のN、ニヒルなツッコミ名人のS、見た目は既に中堅どころの貫禄ながら吹奏楽を嗜むもう一人のS、胸板の厚さが自慢の筋トレマニアK、とプロフィールは既に多士済々ぶり(?)を発揮しています。

5月9日の辞令交付式に集まった面々に対し、社長の越智より配属辞令が手渡され、「今日配属は決まったが、いろいろな経験を経て最終的な進路が定まるのは30歳代になるだろう。石の上にも三年というが、まず1年目の目標としては、先輩方の指導をよく聞いてそれを確実に身に付けて欲しい。そして苦しい時は遠慮せずに相談して欲しい。」と激励の言葉が贈られました。

その週末には全役員、工作部長、設計部長も集まって、歓迎・激励会が市内の焼肉屋で開かれました。そこで前々より暖められていた「旭洋造船カッター部構想」が社長から提案されたのです。下関においては「海峡マラソン」、「ツール・ド・しものせき」に次ぐ3つめのビッグイベントとして、数年前より「下関カッターレース」が催されており、来年の第6回大会への出場を目指そうという計画です。そして、新入社員7名によるカッター部がスタートすることになりました。もちろん、主将は胸板の厚さが自慢の筋トレマニアKです!造船を生業とする我々にとって、海にまつわる地域興しに参加するのも大事な責務のひとつです。

新入社員2016
新入社員2016

一方高校卒の2名は、入社早々恒例の大分地域造船技術センターでの3ヶ月研修に向かい、8種の資格取得に向けて奮闘中です。熊本地震の際にはセンターのある佐伯市でも震度4を観測したそうですが、幸い被害はなく、動じることなく研修に集中できているようで頼もしい限りです。一段と逞しくなって帰ってくる、6月末が楽しみですね。

[2016/05/27]

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
施設・設備
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2022, Kyokuyo Shipyard Corporation