NEWS

20年以上にわたって記録している旭洋のライフログ。わたしたちはこういう造船所です。

QUICK FILTER

造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関
造船
企業
人間
下関

LATEST NEWS & ARCHIVE

NEWS 321 : 花曇りの空の下で

1,096TEUコンテナ船 A SUWA 命名・引渡し

満開の桜の下で宴会をする花見という日本の習慣は有名ですが、日本の文化にとって、一斉に花開き、散っていく春の桜は、美しさ、はかなさの象徴として大きな意味を担ってきました。日本語には「花」で始まる言葉がいくつもあり、この季節を形容するのに用いられます。例えば「花冷え」は桜の咲く頃に訪れた寒い日。桜によって乱された心は「花疲れ」という具合です。

NEWS 319 : まだ肌寒い春の始まりに

1,096TEUコンテナ第5船 "A ROKKO" 命名引渡式

日本列島は一気に春に突入した感がありますが、今回は少し前のニュースをお届けします。

立春を過ぎたとはいえまだまだ肌寒さの残る2月20日、1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船第五船目となるS574番船の命名引渡式が、2024年の引き渡しのトップを飾り挙行されました。このたびの式典は船主の NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE. LTD. に加え、丸紅株式会社からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 316 : 新しい年、新しい技術、新しい製品

2024年年頭のごあいさつ

皆様、明けましておめでとうございます。

年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げますと共に、本年の抱負を述べさせていただきます。

NEWS 314 : 四隻目は秋の訪れとともに

1,096TEUコンテナ第4船 "A ONTAKE" 命名引渡式

秋分も過ぎて日に日に秋の訪れを感じるようになった9月25日、1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船第四船目となる S570番船の命名引渡式が行われました。このたびの式典も船主でいらっしゃる NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE.LTD. 並びに伊藤忠商事株式会社からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 312 : 梅雨の終わりの晴れの日に

1,096TEUコンテナ第3船 KAIFU 命名引渡式

梅雨の終盤ながら好天に恵まれた7月18日、1,096TEU "JAPANMAX" 型コンテナ運搬船のシリーズ船第三船目となるS569番船の命名引渡式が行われました。このたびの式典も船主でいらっしゃる NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE.LTD. 様および伊藤忠商事株式会社様からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 310 : 相場です。よろしくお願いします。

設計・品質保証担当〜新専務・相場裕道よりごあいさつ

設計本部長の相場裕道です。この度、取締役を退き最高技術フェローに就任した三井哲夫に代わり、新たに専務取締役に就任いたしましたことをここに謹んでご報告申し上げます。

NEWS 309 : 作業服の汚れは勲章です

大分での研修から新入社員が帰還!!

例年、大分県佐伯市で開催されている「大分地域造船技術センター」での新人研修が6月30日に修了式を迎えました。4月4日から3ヶ月の長期にわたる研修を終え、ピカピカの作業服に悪戦苦闘の勲章となる汚れを加えた新入社員5名が、少し大人っぽくなって無事帰ってまいりました。

NEWS 307 : 見送りは国際コーラス隊

1,096TEU コンテナ船 A WASHIBA 命名引渡式

前回にも勝る晴天で迎えた5月10日、1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船第二船目 (S568) の命名引渡式が行われました。式典は船主である NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE. LTD. および伊藤忠商事株式会社からのお客様をお招きして開催されました。

NEWS 304 : 怒濤のコンテナ船連続建造、開始!!

1,096TEUコンテナ運搬船 A GORYU 命名引渡式

2月27日、春の来訪を思わせる雲ひとつない晴天のもと、S567番船の命名引渡式が開催されました。この567番船は、NEW GENERAL AVIATION INTERNATIONAL PTE. LTD.様よりご発注いただいた 1,096TEU型コンテナ運搬船のシリーズ船の第一船目となり、当社にとってはこれより怒涛の連続建造に入る記念すべき第一船です。

NEWS 302 : 81年目のスタートにあたって

2023年年頭のごあいさつ
年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げますと共に、本年の抱負を述べさせていただきます。

NEWS 301 : 久しぶり! ヨーロッパからのお客様

1,096TEUコンテナ運搬船 FEEDER ACE 命名引渡式

10月13日秋晴れの穏やかな昼下がり、S565番船の命名引渡式が開催されました。このS565番船は、ギリシャの国際的・総合的海運グループの ERASMUS SHIPINVEST GROUP (ESI) からご発注いただいた、1,096TEU型 "JAPANMAX" コンテナ運搬船です。

NEWS 300 : 久しぶりのセメント船竣工!

5,500トン積セメント運搬船「第三すみせ丸」命名式

まるいち汽船株式会社 および独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT) ご発注の5,500トン積セメント運搬船「第三すみせ丸」の命名式が本年8月に挙行されました。

NEWS 299 : 希望に向かって

7,500m3 LPG運搬船 BWEK BORNHOLM 命名引渡し

2022年7月29日、マーシャル諸島籍のPROSPER SUNWAITO S.A.様ご発注の7,500立方メートル型LPG運搬船、S563番船「BWEK BORNHOLM」の命名引渡式が挙行されました。

NEWS 297 : 耀く星となりますように

台湾向け 205,000ft3 超低温冷凍船「SEITA MARU」引渡し

今年2月に竣工しました1番船「YOUTA MARU(耀太丸)」に続き、Koo’s Shipping Company, S.A.殿向け205,000立方フィート型冷凍運搬船の2番船「SEITA MARU(星太丸)」が今年5月に誕生いたしました。

NEWS 296 : お待たせしました!「のがみ」です

最新の球状船首・内航コンテナ船

皆さまお待たせしました。今回のニュースは 2022年4月21日に竣工となりました井本商運様向け670TEU型コンテナ運搬船S-562番船「のがみ」のご紹介です。

NEWS 295 : 海に国境がないように

六か国目・今回はフィリピンからの総合職採用

現在、日本社会は少子高齢化が進行しています。このため、市場が縮小傾向に転じているだけでなく、労働力人口の減少や技術の承継問題など様々な問題も生じています。

NEWS 294 : 大活躍はこれから

今年度の新入社員が大分での造船技術研修で活躍

2022年6月30日、本年度の旭洋造船新入社員9名が3カ月間に及ぶ大分地域造船技術センターでの造船技術研修を終え、無事下関市に帰還しました。

NEWS 292 : (スポンサーを再びお招きして)今度は引渡式!

当社発注によるタグボート「洋丸」小門造船鉄工で竣工

社員参加型の進水式からひと月半。 4/15(金)に、下関市の小門造船鉄工株式会社にて当社が発注したタグボート「洋丸(なだまる)」の引渡式が行われました。

NEWS 291 : 「生きる道はグローバルニッチ」

旭洋造船の特集記事が COMPASS に載りました!

「旭洋造船、生きる道はグローバルニッチ」という特集記事が、海事プレス社刊行の「COMPASS」2022年5月号に掲載されました。

Page 1 / 12 次のページ >
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
コンテナ船
ガス運搬船
冷凍船
セメント船
球状船首
Builder of Advanced Merchant Ships

KYOKUYO SHIPYARD CORPORATION

〒752-0953 山口県下関市長府港町8-7
© 2002-2024, Kyokuyo Shipyard Corporation