ホーム&ニュース
旭洋の特長
コンテナ船
貨物船
各種タンカー
冷凍船
他船型
設備
会社概要
貨物船・多目的貨物船
貨物船・多目的貨物船

旭洋造船では、世界中のさまざまなオペレータに向けて数多くのコンテナ船建造を行なっていくなかで、多種多様な技術や発想をたくわえてきました。そのうちのひとつが、カーゴモジュールを徹底的に突き詰めるという設計姿勢。これをさらなるステージへ進化させるべく、多目的貨物船 (MPC) の開発も行なっています。

日本では通常見られないようなカーゴや、輸送形態のグローバルな変化にいち早く対応した旭洋造船の多目的貨物船ラインナップは、当社ならではと言える欧州船社との幾多の直接交渉によって、さらに磨き込まれました。その仕様は、完全に欧州標準を見据えたものです。


■ 注目の設計思想

  • ツインデッキのポンツーン型ハッチカバーが可動型バルクヘッドとして利用可能
  • 長大なハッチオープニングを採用し、かつ完全なボックスシェイプのホールド
  • オンデッキには、コンテナのほか多彩な貨物を積載可能
  • アンチヒーリングシステムの搭載
  • ワンマンブリッジコントロール
  • 欧州製の中速エンジン + 可変ピッチプロペラ(CPP) + SG の積極採用

■ 多種多様な貨物の種類に対応

  • 穀物などのバルク類と雑貨
  • コンテナ
  • 薄板コイル
  • 長尺鋼材
  • プラント類(重量物)

この他にも、オペレータや船主のニーズに合わせた、あらゆるユニークな船舶にも前向きに対応いたします。■

現在の貨物船の標準的な船型ラインナップの紹介と要目表のダウンロードは「デザイン」のページから。また、最新の建造船リストや建造船舶の紹介は「建造実績」のページからご覧になれます。



  
品質マネジメントシステムに対するJAB認定マーク
旭洋造船株式会社